「どがんねぇ」とは・・・

最先端のIoT技術「無線モジュール(ビーコン)」を活用して
小型遠隔通信システムと専用のアプリケーションによって、
介護スタッフと介護対象者までの距離を継続的、自動的に
記録します。

「介護/看護の予定表作成機能」で作成された予定表に
自動記録された業務データを読み込むことで、
「訪問先/部屋別サービス提供実施記録」が簡単に作成されます。

スマホは必要ありません!

運用にあたって、
スマホなどを必要としません。

緊急時の対応もしっかり記録!

緊急時の介護士さんの動きも自動的に時間経過に沿って
記録するので報告書をしっかり補強します。
→事例はこちら

NEW!!

看護・介護の予定表が作成できます

項目登録や変更も自由自在です。
予定表のコピーや内容修整も簡単

NEW!!

サービス提供実施記録が作成できます

①訪問先記録②スタッフ別サービス提供、実施記録
③サービス提供実施記録が作成できるので、
公的記録に活用できます。

介護員は何もしない

介護員は「受信機」を携帯するだけで、
入力などする必要がない。

改ざんできない介護記録が
大きな効果をもたらす

介護員の不正や事故をなくす。
老人ホーム事業社の信頼UP。

定期巡回の見直し

介護予定と実績の状況が分かりやすい。
介護員の行動が、いつ、どこで、何をしたか?
エビデンスが残る。

介護施設に「どがんねぇ(発信機)」を設置

介護員は「どがんねぇ(受信機)」を携帯

改ざんできない介護業務の「デジタル記録」が介護員の業務レベルを引き上げるとともに、
入居者とご家族の皆様の信頼UPにつながります。

人材育成の
新しい取り組み

「どがんねぇ」利用による
人材育成と施設の信用力のUP

「どがんねぇ」で、介護業務を「見える化」することができる。
改ざんできないエビデンスが介護員自身を守り、
結果、入居者とご家族の信頼UPにつながる。

介護現場の省力化

将来、ロボットを使った介護が実用化され、
介護の人手不足を補うことが可能となってくる。

「どがんねぇ」運用の仕組み

実際のどがんねぇ機器装着イメージ

紐を通す穴が開いているので、
社員証などと一緒に首にかけて
お使いいただけます!

巡回記録のイメージ ー 介護状況の判定

訪問先の居室(ベッドなど)に設置した発信機に介護員の所持するセンサーが接近した距離も記録されるので、身体介護、居室内の生活支援、居室入り口での安否確認介護サービスの内容についても大枠の関わり度合いとして記録されます。食堂や浴室での介護状況も記録できます。

電波強度で人との関わり度合いを表現、記録

訪問先の介護対象者(ベッドなど)に設置した発信機に介護員の所持するセンサーが接近した距離も記録されるので、身体介護、宅内の生活支援、玄関口での安否確認介護サービスの内容についても大枠の関わり度合いとして記録されます。

お気軽にお問合せください!

予定表の作成から実施記録の出力まで可能になりました!

巡回記録の表示 - 介護の記録

巡回記録の表示 - 移動の記録

職員ごとに業務のための移動の記録が確認できます。

日別、職員別の入居者との関わり具合(距離感)を場所と時間帯を絞り込んで確認できます。

巡回記録の表示 - 訪問の記録

入居者ごとに職員の対応の記録が確認できます。

日別、入居者(居室)への職員の関わり具合(距離感)を時間帯を絞り込んで確認できます。

巡回記録の表示 - 介護内容の記録

巡回記録の初期設定 - 受信機 ・ 発信機の設定

職員や訪問先は自由に設定・変更できます。職員に異動があれば随時変更ができますので受信機は継続利用できます。

導入による効果

課題・負担

▲記録作業の負担
▲記録ミス
▲話の食い違い
→精神的負担増加
→信頼関係低下

対応・効果

○自動記録
○電子記録
○共有できる情報
→安心感
→信頼構築

アクシデント発生時のどがんねぇ活用事例

導入施設の管理者様からいただいた事例をご紹介いたします。

●施設に起こった深夜帯のアクシデントケース

高齢な利用者様は、深夜急に体調を崩される事がまれに発生します。
通常、そういった急変時は管理者に必ず連絡し、判断を仰ぐように決まっております。

その日の夜勤者は田中さん(仮名)というスタッフ(介護福祉士)でした。
ある利用者様(認知症なし)の血中酸素濃度(SPO2)が低くなる(88%~90%)という事態が発生しましたが、
ご本人が「いつものことだから大丈夫」と救急搬送を拒否され、
田中さんは強い意志を汲み取り、管理者への報告や救急搬送を判断せず「様子見」としました。

ベッドをギャッジアップし、巡回もいつも以上に注意して頻繁に様子を伺っていると、
SPO2も上がり(90%~92%)、ご本人も楽になったとおっしゃっていましたが、
翌朝5時半に呼吸困難に陥り救急搬送で入院とになりました。

そして、救急搬送された日の夜21時に死去されました。(死因:動脈瘤破裂)
既往歴には動脈瘤はなく、治療もしていませんでした。

利用者様が「病院に行きたくない」との訴えが強かったとはいえ、
"田中さんの判断が遅れてしまったのではないか?"
"深夜帯何度も居室訪問し健康チェックを行っていたことをご家族や関係機関の皆さまにきちんと説明しご理解いただけるだろうか?"
そういったさまざまな不安が生まれました。

そこで、「どがんねぇ」のデータを確認してみたところ、
田中さんの証言(経過記録簿)と行動(夜勤帯での頻繁な居室訪問と健康チェック)がぴったり一致しておりました。
「どがんねぇ」が無かった今までは「経過記録簿」のみが頼りでしたが、
「どがんねぇ」データが改ざんできないデータとして克明に表現されていたのです。

利用者様のご不幸は本当に心痛いことではありましたが、
結果として、ご家族からも手厚い深夜の対応に「感謝」の言葉をいただきました。
施設運営の管理者としても、スタッフの活動により一層の信頼と安心が深まりました。
そればかりか、田中さんは自身の取った行動を「どがんねぇ」が守ってくれていると確信した瞬間となりました。

「どがんねぇ」に記録されたこのケースの時系列の対応は以下の通りです。

23時-00時 3回コールあり、眠前薬服用

01時-02時 コールあり、バイタル測定、頭部ギャッジアップ

02時-03時 巡回時異常なし、顔浮腫、室温調整、受診提案拒否

03時-04時 巡回時異常なし、声掛け、水分補給

04時-05時 コールあり、体位変換、お茶を補給

05時-06時 コールあり、Spo2測定、夜勤者応援請う、親族へ連絡、救急連絡

06時-07時 救急到着、親族と病院へ

対応の経過(時系列)

今後の感染症の感染拡大防止対策に期待

導入施設の運営者様からいただいたお声

新型コロナウイルスや様々な感染症対策として「どがんねぇ」に期待!!

高齢者施設は感染症対策が緊急の課題です
今回の新型コロナウイルスでは全国の介護施設で感染クラスターが発生して、介護現場では対策にご苦労があったとお聞きしております。

厚生労働省からの通達にも
介護老人保健施設等における感染拡大防止のための留意点について

・感染者が発生した場合は、保健所の指示に従い、濃厚接触者となる入所者等の特定に協力すること。
その際、可能な限り入所者のケア記録や面会者の情報の提供等を行うこと。
疑い症例や濃厚接触者の調査等については、保健所の指示に従うこと。

という形で、細かな厳しい指示が出ています。
もし、施設内感染が発生した場合、感染者隔離、職員の行動履歴、接触者の確認、施設内消毒作業など感染拡大防止対策が必須になります。
その上報告書の作成が必要ですが「どがんねぇ」は行動履歴がデジタル記録として残り、職員の行動把握、接触把握が確実に行えるので、客観的で正確なデータとして保健所にも提出できます。正確なデータは信憑性が増し、事業所への信頼が担保されます。
施設運営者として「どがんねぇ」は心強い存在です。


株式会社 円 様 施設名「のなか」

導入事例

長崎県佐世保市 株式会社 円 様 施設名「のなか」

サービス付き高齢者向け住宅「のなか」

鉄筋コンクリート耐火3階建
居室 2階15室
3階11室(小規模多機能型居宅介護併設)
共有設備 各階食堂、大浴場(男女別)
各階談話室、多目的共有トイレ、洗濯室

導入施設スタッフの声

株式会社 円 様 運営施設 「のなか」

実際に導入された施設の介護スタッフさんたちの生の声から・・・

装着当初は<見張られている>感がどうしてもあったが今は<守られている>感じがする。

自分は日頃からやれる事を精一杯やっているので、その証明にもなって嬉しい。

利用者様やご家族からの「やってもらっていない」とのクレームに対し真実を証明できる。

不正ができない環境下で、しっかりと仕事をやっているプライドが感じられる。

理念に沿った仕事を皆でやれている感じがしてモチベーションが上がった。

外国人労働者の採用の際も一日の動きがしっかり見れるので不正抑制にもなるし、指導もしやすい。

どんどん普及していけば、起きてはならない虐待・不正事故が抑制できるので介護業界全体のスキル・信頼性が上がり、プライドを持って楽しく仕事が出来る。

機能面だけでなく精神面や勤務意欲の面からも前向きな感想が多く寄せられています。

「どがんねぇ」動画集

~導入編~

どがんねぇを導入していただいた施設で撮影した実際のご利用風景です。

動画提供元:株式会社円様

~インタビュー編~

実際にどがんねぇをご利用いただいているスタッフ様のインタビュー動画です。
※動画提供元:株式会社円様

~設置編~

導入施設様での実際の設置動画です。

動画提供元:株式会社円様

導入費用

1.「どがんねぇ」に使用する機器

使用する発信機・受信機とも 費用は無料です (無償レンタル形式、所有は当社です)

別途必要備品は消耗品として必要個数をご購入下さい
通信ケーブル          5,000 / 1本
充電ケーブル(10口) 5,000 / 1本

2.「どがんねぇ」月額利用料(1施設単位での利用料)

基本料              10,000/ (サポート・保守含む)
基本ライセンス(40ユニット)30,000/

追加ライセンス(10ユニット) 5,000/ 月 で追加可能です。

ユニットとは発信側(ベッド等)、受信側(介護士)のライセンス数です

ご利用中の追加も可能です。
※10ユニット単位以外のライセンス追加はお受けできません。
消費税は別途必要です。

3.導入・設置と運用指導について

導入・設置と運用指導費用 60,000円 / 1日

交通費は大阪駅を起点とした実費

宿泊費は1泊につき 10,000 / 1泊

※導入内容によってお見積もりいたします。

お気軽にお問合せください!


お問合せやお申込み、お見積りはこちらから。
何でもお気軽にお尋ねください。

[電話でのお問合せはこちら]

株式会社コモンプロダクツ 大阪本社
TEL:06-6267-6698
営業時間 平日 9:00~17:30(土日祝、年末年始を除く)